• ミッション
  • 業務
  • メンバー
  • 研究業績(業務連絡のみ)
  • 将来像

業務

①障害者支援の推進に関する全学体制の構築
全学的な支援をすすめるために、全学の部局・組織での協力体制を形成していきます。
②修学・就労機会の確保
修学・就労等における情報保障やコミュニケーション上の配慮、授業教室内での座席指定、教室へのアクセス確保、授業担当教員への配慮依頼、教材・支援機器などの情報といった、合理的配慮の提供をします。

【合理的配慮ガイドブック】

③学内外連携ネットワーク
大学合同説明会・オープンキャンパスなどを通して 障害のある受験生に情報発信し、高大連携を進めます。医療・福祉・教育・産業各領域の専門機関との連携を進めます。また、学内関係部署との連携を行います。

【高校生・保護者・高等イ学校向け合理的配慮ガドブック】

障害者の権利に関する条約(PDFファイル)
九州大学の取り組み(PDFファイル)
学内のバリアフリー(PDFファイル)

④施設のバリアフリー
バリアフリーマップの作成、学内施設の改善などを進めます。
⑤パーソナル支援
障害のある学生・教職員の個別支援や、ソーシャルスキルトレーニング等を実施します。
⑥グローバル共生社会での人材育成

障害者支援を担うピア・サポーター学生の育成として、アクセシビリティ・リーダー育成プログラムを実施します。

ピア・サポーター学生育成「アクセシビリティリーダー育成プログラム(ALP)」

「人に優しい社会をリードする人材」を育成する「アクセシビリティリーダー育成プログラム(ALP)」を実施しています。

アクセシビリティリーダー育成プログラム受講生募集(PDFファイル)
九州大学ピア・サポーター学生育成:アクセシビリティリーダー育成のための教育課程(PDFファイル)
アクセシビリティリーダー育成協議会(外部リンク)

バリアフリーに関する講義・実習を開講します。

「平成28年度開講科目」
  総合科目(フロンティア科目)「アクセシビリティ入門」
     「バリアフリー支援入門」
     「ユニバーサルデザイン研究」
      高年次基幹教育「アクセシビリティマネジメント研究」

【平成27年度 ピア・サポーター学生活動報告】

1)バリアフリーマップ作成活動
 昨年度に伊都地区センターゾーンのバリアフリーマップを作成しました。
今年度から箱崎地区,大橋地区,伊都地区(ウエストゾーンなど)のバリアフリーマップを作成するために,学生たちが調査,キャンパス間ミーティングを行っています。
写真:バリアフリー調査の様子。学生が伊都キャンパス内を歩き回って,チェックポイントを調査しました。

⑦啓発活動・認識調査

講習会、研修会・実態調査等を通してバリアフリーへの理解と関心を深め、支援に活かしていきます。

【平成26年度 全学FD報告】

平成27年3月9日(月)の午後に、伊都キャンパスおよび箱崎キャンパスに  おいて、本学教員及び他大学教員104名の参加を得て、全学FD「障害学生支援におけるバリアフリー −合理的配慮をめぐって−」を開催しました。 文部科学省高等教育局学生・留学生課厚生係長・就職指導係長庄司祐介 先生の講演「 我が国の障害者施策の動向と大学における今後の対応」と、東北大学高度教養教育・学生支援機構吉武清實先生の講演「障害学生支援における『社会的障壁の除去』とは-発達障害学生を中心に−」が行なわれました。具体性に富んだ話がなされ、出席された教員各位から活発な質疑応答も交わされました。
・ 東北大学吉武先生の講演のPPT(PDFファイル)

【平成28年度 オープンキャンパスの案内】

平成28年8月6,7,8日に九州大学でオープンキャンパスが行われます。詳細は後日案内します。

コミュニケーション・バリアフリー支援室

リーフレット(PDF)
〒819-0395 福岡市西区元岡744 伊都キャンパス センター1号館1階1104室
E-mail:
TEL/FAX:092-802-5859(不在の場合は、092-802-5858)

メンバー

教授・講師・学術研究員
田中 真理(たなか まり)(教授: 臨床心理学、発達障害学 / 臨床心理士)
横田 晋務(よこた すすむ)(准教授:発達障害学/ ADI-R(自閉症診断面接 改訂版)研究者資格、ADOS-2臨床資格)
甲斐 更紗(かい さらさ)(特任助教・学術研究員: 特別支援教育、臨床心理学 / 臨床心理士、精神保健福祉士)
面高 有作(おもだか ゆうさく)(特任助教・学術研究員: 臨床心理学 / 臨床心理士)
田島 晶子(たじま あきこ)(非常勤カウンセラー:臨床心理学/臨床心理士)
佐々木 由佳子(ささき ゆかこ)(非常勤カウンセラー:臨床心理学/臨床心理士)

将来像

①支援体制の構築
・全学的な支援体制:合理的配慮の決定のための体制
②大学間ネットワークの形成
③高校と大学との接続の円滑化:生徒の進学支援のための情報の共有化を図るネットワークの形成
④学生ピアサポーターとしてのアクセシビリティリーダーの育成
⑤就職支援:外部支援機関と連携した就労支援の実施
⑥修学・就労機会確保のために必要な安定的な財源の確保
部門一覧に戻る
COPYRIGHT © KYUSHU UNIVERSITY COUNSELING AND HEALTH CENTER.