• ミッション
  • 業務
  • メンバー
  • 研究業績(業務連絡のみ)
  • 将来像
  • プログラ・グループ活動

連絡先・アクセス

伊都地区センターゾーン 092-802-5859 MAP

業務

①障害者支援の推進に関する全学体制の構築
全学的な支援をすすめるために、全学の部局・組織での協力体制を形成していきます。
②修学・就労機会の確保
修学・就労等における情報保障やコミュニケーション上の配慮、授業教室内での優先席の確保、教室へのアクセス確保等の合理的配慮を進めるために、授業担当教員への配慮依頼、教材・支援機器などの情報提供をします。

【合理的配慮ガイドブック】

③学内外連携
大学合同説明会・オープンキャンパスなどを通して 障害のある受験生に情報発信し、高大連携を進めます。医療・福祉・教育・産業各領域の専門機関との連携を進めます。また、学内関係部署との連携を行います。

【高校生・保護者・高等イ学校向け合理的配慮ガドブック】

ガイドブック(PDFファイル)

④施設のバリアフリー
バリアフリーマップの作成、学内施設の改善などを進めます。

学内のバリアフリー(PDFファイル)

⑤パーソナル支援
障害のある学生・教職員の個別支援や、ソーシャルスキルトレーニング等を実施します。
⑥障害者支援を担うピア・サポーター学生の育成

グローバル共生社会での人材育成として、アクセシビリティ・リーダー育成プログラムを実施します。

ピア・サポーター学生育成「アクセシビリティリーダー育成プログラム(ALP)」

「人に優しい社会をリードする人材」を育成する「アクセシビリティリーダー育成プログラム(ALP)」を実施しています。

アクセシビリティリーダー育成プログラム受講生募集(PDFファイル)
九州大学ピア・サポーター学生育成:アクセシビリティリーダー育成のための教育課程(PDFファイル)
アクセシビリティリーダー育成協議会(外部リンク)

バリアフリーに関する講義・実習を開講します。

「平成29年度開講科目」
  総合科目(フロンティア科目)「アクセシビリティ入門」
     「バリアフリー支援入門」
     「ユニバーサルデザイン研究」
      高年次基幹教育「アクセシビリティマネジメント研究」

【平成28年度 ピア・サポーター学生活動報告】

1)バリアフリーマップ作成活動
2)情報保障活動
3)オープンキャンパス
4)入学式や行事でのサポート
5)学外の障害者へのサポート

⑦啓発活動・認識調査

学内での研修会、実態調査研究等を通して障害者支援への理解と関心を深め、支援に活かしていきます。

コミュニケーション・バリアフリー支援室

リーフレット(PDF)
〒819-0395 福岡市西区元岡744 伊都キャンパス センター1号館1階1104室
E-mail:
TEL/FAX:092-802-5859(不在の場合は、092-802-5858)

メンバー

教授・講師・学術研究員
田中 真理(たなか まり)(教授: 臨床心理学、発達障害学 / 臨床心理士)
横田 晋務(よこた すすむ)(准教授: 発達障害学/ ADI-R(自閉症診断面接 改訂版)研究者資格、ADOS-2臨床資格)
甲斐 更紗(かい さらさ)(特任助教・学術研究員: 特別支援教育、臨床心理学 / 臨床心理士、精神保健福祉士)
面高 有作(おもだか ゆうさく)(特任助教・学術研究員: 臨床心理学 / 臨床心理士)
田島 晶子(たじま あきこ)(非常勤カウンセラー:臨床心理学/臨床心理士)
佐々木 由佳子(ささき ゆかこ)(非常勤カウンセラー:臨床心理学/臨床心理士)

将来像

①支援体制の構築
・全学的な支援体制:合理的配慮の決定のための体制
②大学間ネットワークの形成
③高校と大学との接続の円滑化:生徒の進学支援のための情報の共有化を図るネットワークの形成
④障害者支援ピア・サポーターとしてのアクセシビリティリーダーの育成
⑤就職支援:外部支援機関と連携した就労支援の実施
⑥修学・就労機会確保のために必要な安定的な財源の確保

プログラム・グループ活動

コミュニケーション・バリアフリー支援室で行われているプログラム・グループ活動の概要を紹介します。それぞれの活動については「新着情報」欄でも情報が随時アップされます。

■️就職・キャリア支援に関するプログラム

■サキドリ!!インターンシップ
学生支援課キャリア支援係主催のプログラムです(コミュニケーション・バリアフリー支援室共催)。障害に対する合理的配慮のある環境の下で行うインターンシップです。準備段階から丁寧なサポートを受けることができ、通常のインターンシップの前段階としての利用もお勧めです。今後の自分の働き方を考える契機にもなります。
(平成29年度実績)一般企業3社(富士通九州システムサービス、富士通九州ネットワークテクノロジーズ、ソフトバンク)、他、学内インターンシップなど。開催時期は長期休暇中で、1DAYから2週間まで、期間はさまざまです。※今後も様々な企業と連携して実施予定。

■サキドリ!!就職支援講座
学生支援課就職支援係主催のプログラムです(コミュニケーション・バリアフリー支援室共催)。本学の進路・就職アドバイザーによる丁寧な指導で、就職活動や自分に対する理解を深めていきます。
(平成29年度実績)自己分析講座4回、面接講座5回 全9回  後期(10月~12月) 伊都地区

■障害学生のためのキャリアガイダンス
学生支援課就職支援係主催の企画です(コミュニケーション・バリアフリー支援室共催)。障害のある方学生の就職、キャリアのために、外部機関や一般企業から講師を招き、ガイダンスを行っています。学内関係者や保護者の参加も可能です。
(平成29年度実績)年1回(2月) 伊都地区

■スグに役立つ!!アルバイト講座
アルバイトに関するあれこれを学んだり、アルバイト経験学生の話を聞いたりしながら、アルバイト体験やアルバイトまでの道のりをサポートする講座です。アルバイト経験者も、他学生の経験を聞くことで、アルバイトに関する視野が拡がります。
(平成29年度実績)全2回(6月、2月) 伊都地区

■フリースペース
居場所、また他者とのコミュニケーションの機会としてフリースペース活動を行っています。支援室スタッフが在室し、一人でも安心して過ごせる空間を提供しています。これまでの皆さんの過ごし方としては、昼食をとる、他者とボードゲームを楽しむ、読書や課題をするなど、さまざまです。
(平成29年度実績)週1回(木曜11時~13時) 伊都地区

■保護者会
来室学生の保護者の方を対象としたプログラムです。さまざまな情報を発信、共有する機会となっています。また、保護者間の意見交換の場としても機能しています。 (平成29年度実績)年2回(9月、2月) 伊都地区

<問い合わせ先> コミュニケーション・バリアフリー支援室(伊都センターゾーン):092-802-5859

部門一覧に戻る
COPYRIGHT © KYUSHU UNIVERSITY COUNSELING AND HEALTH CENTER.