• ミッション
  • 業務
  • メンバー
  • 研究業績(業務連絡のみ)
  • 将来像
  • プログラ・グループ活動

連絡先・アクセス

伊都地区センターゾーン 092-802-5859 (FAX兼用) MAP

業務

①障害者支援の推進に関する全学体制の構築
全学的な支援をすすめるために、全学の部局・組織での協力体制を形成していきます。
②修学・就労機会の確保
修学・就労等における情報保障やコミュニケーション上の配慮、授業教室内での優先席の確保、教室へのアクセス確保等の合理的配慮を進めるために、授業担当教員への配慮依頼、教材・支援機器などの情報提供をします。

③学内外連携
大学合同説明会・オープンキャンパスなどを通して 障害のある受験生に情報発信し、高大連携を進めます。医療・福祉・教育・産業各領域の専門機関との連携を進めます。また、学内関係部署との連携を行います。

ガイドブック(PDFファイル)

④施設のバリアフリー
バリアフリーマップの作成、学内施設の改善などを進めます。

学内のバリアフリー(PDFファイル)

⑤パーソナル支援
障害のある学生・教職員の個別支援や、グループワーク等を実施します。
⑥障害者支援を担うピア・サポーター学生の育成

グローバル共生社会での人材育成として、アクセシビリティ・リーダー育成プログラムを実施します。

ピア・サポーター学生育成「アクセシビリティリーダー育成プログラム(ALP)」

「人に優しい社会をリードする人材」を育成する「アクセシビリティリーダー育成プログラム(ALP)」を実施しています。

・九州大学障害者ピア・サポーター制度
シニアピア・サポーター学生:アクセシビリティリーダー育成協議会認定資格1級者。本学のアクセシビリティ向上のための啓発広報及び障害者支援等を行うとともに、ジュニアピア・サポーター学生活動のマネジメント・助言・指導を行う。
ジュニアピア・サポーター学生:本学のアクセシビリティ向上のための啓発広報及び障害者支援等を行うことが可能で、上のいずれかの科目等を受講する。それによって、アクセシビリティ リーダー資格試験を受験することができる。
※障害者支援に関する必要な教育課程を修得したうえで、学内における障害者支援活動に積極的に参加し、指導的な役割を果たしたピア・サポーター学生は「九州大学障害者支援ピア・サポート リーダー」として認定されます。
平成29年度において、九州大学障害者支援ピア・サポート リーダー第1号者が認定されました。

アクセシビリティリーダー育成プログラム受講生募集(PDFファイル)
九州大学ピア・サポーター学生育成:アクセシビリティリーダー育成のための教育課程(PDFファイル)
アクセシビリティリーダー育成協議会(外部リンク)

バリアフリーに関する講義・実習を開講します。

「平成30年度開講科目」
【基幹教育科目】
総合科目(フロンティア科目)
「アクセシビリティ基礎」
「アクセシビリティ入門」
「バリアフリー支援入門」
「ユニバーサルデザイン研究」
「アクセシビリティ支援入門」
高年次基幹教育「アクセシビリティマネジメント研究」
【専攻教育科目】
教育学部
「アクセシビリティ心理学講義Ⅰ」
「アクセシビリティ心理学講義Ⅱ」
「アクセシビリティ心理学演習」
「アクセシビリティ心理学実践演習」

上記の授業及びピア・サポーター学生活動をすることで、アクセシビリティリーダー育成協議会の認定資格試験が受けられます。

【ピアサポーター学生活動】

1)バリアフリーマップ作成活動
2)情報保障活動
3)学習サポート
4)入学式や行事でのサポート
5)学外の障害者へのサポート
6)広報活動:Facebook(http://www.facebook.com/qu.barrierfree/)
【活動報告書】
・平成29年
【広報物】
・人間関係ベースで広がる難病理解

⑦啓発活動・認識調査

学内での研修会、実態調査研究等を通して障害者支援への理解と関心を深め、支援に活かしていきます。

インクルージョン支援推進室

〒819-0395 福岡市西区元岡744 伊都キャンパス センター1号館1階1104室 MAP
E-mail:inclusion@chc.kyushu-u.ac.jp
TEL/FAX:092-802-5859

メンバー

スタッフ
田中 真理(たなか まり)(教授: 臨床心理学、発達障害学 / 臨床心理士)
横田 晋務(よこた すすむ)(准教授: 発達障害学/ ADI-R(自閉症診断面接 改訂版)研究者資格、ADOS-2臨床資格)
鈴木 大輔(すずき だいすけ)(特任助教・学術研究員:応用心理学、認知心理学)
田島 晶子(たじま あきこ)(テクニカルスタッフ:臨床心理学/臨床心理士)
今村 栞(いまむら しおり)(テクニカルスタッフ:臨床心理学/臨床心理士)
川口 智也(かわぐち ともや)(テクニカルスタッフ:臨床心理学/臨床心理士)
下中村 武(しもなかむら たけし)(特任助授・学術研究員:聴覚障害児教育学)

将来像

①支援体制の構築
・全学的な支援体制:合理的配慮の決定のための体制
②大学間ネットワークの形成
③高校と大学との接続の円滑化:生徒の進学支援のための情報の共有化を図るネットワークの形成
④障害者支援ピア・サポーターとしてのアクセシビリティリーダーの育成
⑤就職支援:外部支援機関と連携した就労支援の実施
⑥修学・就労機会確保のために必要な安定的な財源の確保

プログラム・グループ活動

インクルージョン支援推進室で行われているプログラム・グループ活動の概要を紹介します。それぞれの活動については「新着情報」欄でも情報が随時アップされます。

■️就職・キャリア支援に関するプログラム

■サキドリ!!インターンシップ
学生支援課キャリア支援係主催のプログラムです(インクルージョン支援推進室共催)。障害に対する合理的配慮のある環境の下で行うインターンシップです。準備段階から丁寧なサポートを受けることができ、通常のインターンシップの前段階としての利用もお勧めです。今後の自分の働き方を考える契機にもなります。
(平成29年度実績)一般企業3社(富士通九州システムサービス、富士通九州ネットワークテクノロジーズ、ソフトバンク)、他、学内インターンシップなど。開催時期は長期休暇中で、1DAYから2週間まで、期間はさまざまです。※今後も様々な企業と連携して実施予定。

■サキドリ!!就職支援講座
学生支援課就職支援係主催のプログラムです(インクルージョン支援推進室共催)。本学の進路・就職アドバイザーによる丁寧な指導で、就職活動や自分に対する理解を深めていきます。
(平成29年度実績)自己分析講座4回、面接講座5回 全9回  後期(10月~12月) 伊都地区

■障害学生のためのキャリアガイダンス
学生支援課就職支援係主催の企画です(インクルージョン支援推進室共催)。障害のある方学生の就職、キャリアのために、外部機関や一般企業から講師を招き、ガイダンスを行っています。学内関係者や保護者の参加も可能です。
(平成29年度実績)年1回(2月) 伊都地区

■スグに役立つ!!アルバイト講座
アルバイトに関するあれこれを学んだり、アルバイト経験学生の話を聞いたりしながら、アルバイト体験やアルバイトまでの道のりをサポートする講座です。アルバイト経験者も、他学生の経験を聞くことで、アルバイトに関する視野が拡がります。
(平成29年度実績)全2回(6月、2月) 伊都地区

■保護者会
来室学生の保護者の方を対象としたプログラムです。さまざまな情報を発信、共有する機会となっています。また、保護者間の意見交換の場としても機能しています。 (平成29年度実績)年2回(9月、2月) 伊都地区

<問い合わせ先> インクルージョン支援推進室(伊都センターゾーン):092-802-5859(FAX兼用)

部門一覧に戻る
COPYRIGHT © KYUSHU UNIVERSITY Center for Health Sciences and Counseling.